※本ページはプロモーションが含まれています 転職のノウハウ

「給料下がったけど転職して良かった人」が優秀な2つの理由

2024年3月5日

給料下がったけど転職して良かった人が優秀な理由

「給料は下がっちゃったけど、あの時の決断は間違ってなかった。」

あなたは今、とても充実していると思います。

前職では辛いこともあったと思いますが、自分の意思で転職を決断し、その辛い状況から解放されました。

とても優秀な方です。

今回は、「給料は下がったけど転職して良かった」と感じているあなたが優秀である理由と、幸せな人だと思える理由を紹介します。

「給料は下がったけど転職して良かった人」が優秀である理由

冒頭で「あなたは優秀な人」だとお伝えしました。

一般的には、転職をすることで年収が上がったりキャリアアップしたりするのが優秀な人のイメージですよね。

でも私は、「給料は下がったけど転職して本当に良かった」と感じている人もとても優秀な人だと思っています。

ここでは、その理由を紹介します。

「給料は下がったけど転職して良かった人」が優秀である理由

  • 自分で決断できる人である
  • 自分の価値観を大事にしている人である

自分で決断できる人である

あなたが優秀だと思うのは、「自分で決断できる人」だからです。

あなたが「転職して良かった」と思うようになるまでに、色々な場面での「決断」があったと思います。

  • 前職に残るか転職するかを悩み、転職を決断
  • 複数の求人情報の中から、今の会社の内定を承諾する決断
  • 会社を辞めるタイミングを考えて上司に伝える決断

何かを選択する場面や、色々考えて決断する場面というのは、長い人生の中で何度もあります。

この時に、「自分で決断できる」というのが優秀な人の特徴であり、とても大事なことだと私は思っています。

「転職で給料が下がるけど、今より良い環境で働きたい」と考えて転職することを決め、あなたは数ある求人情報の中から今の職場を選んだはずです。

自分でしっかり決断して前に進んできたあなたは、本当に優秀な人だと思います。

(参考)自分で決断できない人

逆に、自分で決断できない人は周囲の意見に流されやすく、結果を他人のせいにしがちです。

例えば次のような人です。

  • 自分で考えず、転職エージェントに言われたオススメ求人に応募する
  • いつ退職するかを占いで決めてしまう

こういう人は、優秀とは思えません。

自分の価値観を大事にしている人である

もう一つ、あなたが優秀だと思うのは、「自分の価値観を大事にしている人」だからです。

あなたは目先のお金ではなく、お金以外の価値観を大事にしたことで、心地良い今の環境を手にすることができたのだと思います。

(例)お金以外の価値観

  • 自分の時間を大切にしたい
  • 家族との時間を大切にしたい
  • 自分の好きな仕事がしたい
  • 少し難しい仕事だけどチャレンジがしたい

上の例にはあなたの転職理由に合致するものがないかもしれません。

ですが、年収以外にあなたが大切にしたいと考えることがあったのは間違いないはずです。

転職活動中に求人情報を見ていると、気にせずとも年収の金額は目に入ってきます。

そうした中で、あなた自身の価値観を大事にし、あなたにとって最適な転職先を決めたことが優秀だと感じます。

「給料は下がったけど転職して良かった人」が幸せな理由

私は「給料は下がったけど転職して良かった」と感じているあなたを羨ましく思います。

「幸せ=素敵な人生が送れている」ということです。

私がそう考える理由は次の通りです。

「給料は下がったけど転職して良かった人」が幸せな理由

  • 心に余裕ができる
  • ワークライフバランスが整う
  • 職場の人間関係が良くなる

心に余裕ができる

給料が下がっても幸せだと思える一番の理由が「心に余裕ができる」ということです。

例えば、高キャリアで高収入なのに、「死に物狂いで仕事しないといつ振り落とされるか不安だ・・・」なんて人は幸せとは言えませんよね。

「心に余裕があること」は幸せな人生を送るための絶対条件です。

あなたも前職で色々なストレスを抱えていたと思います。

ですが今はそうしたストレスが軽減され、心に余裕ができ、あなたは幸せの絶対条件を手に入れることができたのです。

ワークライフバランスが整う

また、「ワークライフバランスが整う」ことも幸せだと思える理由の一つです。

厚生労働省の令和4年度の調査によると、「仕事の量」、「仕事の失敗、責任の発生等」、「仕事の質」にストレスを感じる人が多いそうです。

正社員の仕事のストレス内容の割合のグラフ
参照:厚生労働省 「令和4年 労働安全衛生調査(実態調査)」の公表データをもとに筆者がグラフを作成

こうした背景から、残業をしないと仕事が回らない職場環境が多く、ワークライフバランスを保ちながら働くことが難しい状況です。

なので、あなたがワークライフバランスが整う環境に転職できたのであれば、非常に恵まれた転職ができたと言えるでしょう。

職場の人間関係が良くなる

「職場の人間関係が良くなる」というのも幸せを感じる理由の一つです。

上のグラフでも紹介しましたが、仕事での対人関係にストレスを感じている人も少なくありません。

そんな中で、あなたが今の職場の人間関係でストレスを感じないようであれば、とても良い職場に転職ができたと言えます。

まとめ

今回は、「給料は下がったけど転職して良かった」と感じているあなたが優秀である理由と、幸せな人だと思える理由を紹介しました。

一般的には高収入で高キャリアの人が優秀で幸せを掴んでいるイメージですが、給料が下がっても気持ちよく仕事ができている人も優秀な人です。

長い人生を幸せに過ごすためには「心の余裕」と「自分で決断できる力」が必要です。

そして、あなたはどちらも持っている素敵な人です。

引き続き、気持ちの良い人生を送ってくださいね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こうじ

40代神奈川県在住会社員。
転職2回経験。
会社員15年以上。
15年間同じIT企業で働き、職場環境の悪さに耐えられず39歳で人生初の転職。そんな経験から、私と同じように仕事で悩んでいる人の役に立ちたいと思い、当ブログを運営中。

-転職のノウハウ