※本ページはプロモーションが含まれています 仕事のノウハウ

【すぐわかる!】優秀な人が放つオーラの5つの特徴とは?

2023年11月14日

【すぐわかる!】優秀な人が放つオーラの特徴とは?

「あの人の雰囲気、なんか憧れるんだよなぁ〜」

優秀な人って、いつも落ち着いてる雰囲気がありますよね。

本人は何の意識もしていないんでしょうが、溢れ出るあのオーラ。

こうじ
こうじ

あのオーラの正体って、一体なんなのでしょうか・・・

ということで、今回は優秀な人が放つオーラの特徴について紹介したいと思います。

また、「優秀な人あるある」みたいな話は他の記事でも紹介しているので、よければ参考にしてみてください。

優秀な人のオーラに共通する5つの特徴

そもそも、優秀な人がいるとして、あなたはどんな時にその人が「優秀な人だなぁ」と感じますか?

何となく理解していただけると思うのですが、私はその人が「話をしているとき」に優秀なオーラを感じることが多いと思っています。

そんな優秀な人のオーラには次のような特徴があります。

優秀な人のオーラに共通する特徴

  • 相手の目を見て話しをする
  • 言葉の選び方が上手い
  • 自分の考えを持っている
  • 見栄を張らない
  • いつも落ち着いている

これらの特徴はその人と会話をするとわかるものがほとんどです。

では、一つずつ特徴を紹介します。

相手の目を見て話をする

優秀な人が誰かと会話をするときは、会話をする相手の目を見て話をします。

正確に言うと、ずーっと目を見て話しているわけではなく、会話の肝のタイミングで目を見て話します。

なぜなら、優秀な人は日頃から人とのコミュニケーションを大切にしているからです。

優秀な人は、色々な人との会話を通じて色々な学びがあるということを知っています。

なので、「自分の話をちゃんと伝えよう」、「相手の話をちゃんと聞こう」という意識が常にあり、自然と相手の目を見て会話をします。

(参考)目を逸らして話をする人

あまり優秀でない人や自分に自信がない人は、目を逸らしながら会話をする人が多いです。

言葉の選び方が上手い

優秀な人は、会話をするときの言葉の選び方が上手です。

ここで言う「言葉の選び方」とは、会話をする相手が理解しやすい言葉を瞬間的に選ぶことです。

優秀な人は、同じ内容の話でも会話をする相手によって表現を変えて話します。

それは、相手が理解してくれることが会話の本質だと知っていて、「どう話せば伝わるか」を考えながら話しているからです。

なので、優秀な人はなるべく「簡単な言葉」&「短い文章」で話をします。

また、優秀な人は日頃から色々な本を読んでいたり、いろいろな人とコミュニケーションを取ったりしているため、言葉の引き出しがとても豊富です。

この言葉の引き出しの豊富さも、言葉の選び方が上手い理由の1つです。

(参考)言葉選びが下手な人は

デキることをアピールしたいのか、仕事で「アグリーです」、「プライオリティは低いです」といったようなカタカナ言葉を使う人がいますが、このような人を私は優秀だとは全く思いません。

なぜなら、「賛成です」、「優先度は低いです」と言ったほうが、新人含めその場の全員に必ず伝わるからです。

自分の考えを持っている

優秀な人は自分の考えを持っています。

自分の考えとは、「考えた答え」と「そう考えた理由」のセットのことです。

例えば、白か黒かと問われた時に、「自分は〇〇だと思っているので白だと思う」と言える場合は、自分の考えを持っています。

逆に、「自分は何となく白だと思う」というのは、自分の考えがありません。

優秀な人はいろいろな事柄に対して「自分はこう考えている」という自分の考えを持っていて、それを会話の中で自分の意見として伝えることが上手です。

見栄を張らない

優秀な人は見栄を張りません。

優秀な人とはいえ、知らないことやわからないことはもちろんあります。

そうした知らないことやわからないことを、優秀な人は素直に「知らないです」、「わからないです」と相手にちゃんと伝えます。

なぜなら、少しでも知っているフリをして、知っていることを中途半端に相手に伝えてしまうと、自分にとっても相手にとっても何のメリットもないことが分かっているからです。

なので、優秀な人が見栄を張ることはありません。

いつも落ち着いている

これは会話をする時だけではありませんが、優秀な人はいつも落ち着いています。

会話をするときはもちろん、初めての場所に行くときも、大事な試験のときも、いつでも落ち着いています。

それは、自分に自信があるからです。

優秀な人は全員、過去に大変な苦労や努力をしてきています。

そうした苦労や努力のおかげで、「どんな状況になっても何とかなる」という考えが無意識に染み付いていて、いつも落ち着いているのです。

私が「優秀な人」だと思う人物

これまで優秀な人の特徴について紹介してきましたが、「それって具体的に誰よ!?」と思ってしまいますよね。

私はこの記事を書く時に、次のお二方をずっとイメージしながら優秀な人の特徴を書いていました。

私が「優秀な人」だと思う人物

  • 小泉悠さん
  • 羽鳥慎一さん

このお二方、雰囲気が全く異なるお二方です。

ですが、私はお二方とも非常に優秀な方だと思っています。

なので、大変失礼ながらお二人について簡単に紹介させてください。

小泉悠さん(東京大学先端科学技術研究センター講師)

一人目は、ロシアの軍事・安全保障政策が専門の、東京大学先端科学技術研究センター講師である小泉悠さんです。

もしご存知ない場合は、下記を参考にご覧ください。

テレビやその他メディアにもよく出ておられますが、私が小泉さんのことを優秀だと思うのは、「言葉の選び方が上手すぎる」からです。

肩書きを見るだけで泣く子も黙りそうな優秀さは伝わってきますが、小泉さんはその肩書きからは想像できないようなユーモアがあり、柔らかく落ち着いた話し方が特徴的な方です。

そんな小泉さんの最大の特徴は、難しい話を説明する時のズバ抜けた表現力です。

難しい話題について、他の人の説明を聞いていても頭の悪い私にはなかなか理解できないことが多いのですが、小泉さんが説明してくださる話は非常にわかりやすいのです。

何と言うか、人間味のある説明をしてくれます。( ← 逆に私の言葉の選び方が下手すぎて悲しくなります(泣))

もし小泉さんをご存知ない方は、ぜひチェックしてみてください。

羽鳥慎一さん(フリーアナウンサー)

二人目は、ご存知の方も多いと思われる、テレビ朝日のモーニングショーでおなじみの羽鳥慎一さんです。

バラエティ番組でも活躍されていますが、私が羽鳥さんのことを優秀だと思うのは、「常にその場面に合ったコメントをする」からです。

切迫した緊急速報を伝える場面からバラエティ番組でツッコミをする場面まで、その場面に合った表情とコメントを発信する能力は、いつも見ていて「すごいなぁ〜」と思います。

まとめ

この記事では、優秀な人の特徴を紹介しました。

その人が優秀かどうかは会話をする時の特徴でわかります。

私自身、優秀な人のオーラを出そうとその特徴を真似しようと思うのですが、優秀ではないので全然オーラが出ません・・・

やはり優秀な人には一朝一夕ではなれないものですね・・・

自然と優秀なオーラが出るように、今日から一緒にがんばりましょう!(笑)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

こうじ

40代神奈川県在住会社員。
転職2回経験。
会社員15年以上。
15年間同じIT企業で働き、職場環境の悪さに耐えられず39歳で人生初の転職。そんな経験から、私と同じように仕事で悩んでいる人の役に立ちたいと思い、当ブログを運営中。

-仕事のノウハウ